美白成分について記事一覧

ハイドロキノン化粧品を使って紫外線を浴びると危険!?

ハイドロキノンを配合してる化粧品を塗って紫外線を浴びると、肌が炎症を起こす可能性があります。ハイドロキノンがベンゾキノンという刺激成分へ変化し、逆に肌トラブルを招いてしまうのです。日中にハイドロキノン化粧品を使う注意点日焼け止めなど、紫外線対策をきちんと行うしっかりとUVカットする日焼け止めや、帽子などを組み合わせて紫外線対策を行いましょう。曇りの日や雨の日でも、日焼け止めは忘れずに使ってください...

続きを読む
ハイドロキノンの効果|シミやニキビ跡には?副作用も知りたい!

◆ 結  論 ◆皮膚表面のシミやニキビ跡には○肝斑(かんぱん)にも○赤みなど副作用が出る可能性もハイドロキノンはシミやニキビ跡に効果が期待できる美白成分ハイドロキノンは、化粧品に配合できるようになってから、美白成分として非常に注目されています。紫外線が原因のシミや炎症が原因のニキビ跡や傷跡、肝斑(かんぱん)にも効果があります。ただ、効果が期待できるのは皮膚の表面の表皮までで、真皮には届きません。化...

続きを読む
厚生労働省認可の美白成分※あの人気成分は認可されていない!?

厚生労働省が医薬部外品の美白有効成分として認可しているのは、現在のところ19種類。そのなかでも、よく化粧品に配合される美白成分の効果を一覧にしました。実は、あの人気成分は認可されていないんですよ!厚生労働省が認めた美白有効成分の効果・効能とは?まず、知っておきたいのが、美白有効成分の働きです。「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」これが、医薬部外品に期待できる効果です。商品のパッケージを見...

続きを読む